日本の神社

出雲大社

01.jpg

出雲大社 いずもたいしゃ /いずもおおやしろ 島根県出雲市大社町杵築東195

式内社 出雲國出雲郡 杵築神社 名神大 出雲國一宮 旧官幣大社

御祭神

  • 大國主大神

二拝四拍手一拝にはい しはくしゅ いちはい (一般的には二拝二拍手一拝)

二拝四拍手一拝は伊勢神宮や出雲大社といった古社で行う作法

伊勢神宮が入る理由がわからない

島根県出雲市(旧大社町)にある。 一畑電鉄・出雲大社前駅から北へ1Kmほど。 鳥居をくぐり、並木の参道を歩くと、境内へ。 正面に拝殿があり、後方、垣内に社殿。 周囲には境内社が並んでいる。 八足門前には、発掘された宇豆柱模型がある。

天孫降臨以前、日本国を支配していた大国主命は、 国譲りの後、当社へ祀られた。 「天日隅宮」と称された当社は、天照大神の第二子・天穂日命が奉祀した。 以来、天穂日命の子孫は「出雲国造」として、 当社を守り続けてきた。

境内・境外に摂末社が多い

02.jpg
 
04.jpg

Add

03.jpg

『古事記』・『日本書紀』の異伝や『新撰姓氏録』によると、須佐之男命(すさのおのみこと)の六世の孫、また『日本書紀』の別の一書には七世の孫などとされている。父は天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)、母は刺国若比売(さしくにわかひめ)。また『日本書紀』正伝によると素戔鳴尊(すさのおのみこと)の息子。

須佐之男命の娘である須勢理毘売命(すせ りびめのみこと)との婚姻の後にスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)、医薬などの道を教え、大物主神(おおものぬしかみ)を祀ることによって葦原中国(あしはらのなかつくに)の国作りを完成させる。だが、高天原(たかあまのはら)からの天照大御神(あまてらすおおみかみ)の使者に国譲りを要請され、対話と武力を交えた交渉の末に幽冥界の主、幽事の主宰者となった。国譲りの際にかつて須佐之男命から賜って建立した「富足る天の御巣の如き」大きな宮殿(出雲大社)を修復してほしいと条件を出したことに天津神(あまつかみ)が約束したことにより、このときの名を杵築大神(きづきおおかみ)ともいう。

大国主神を扱った話として、因幡の白兎の話、根の国訪問の話、沼河比売への妻問いの話が『古事記』に、国作り、国譲り等の神話が『古事記』と『日本書紀』に記載されている(但し、『日本書紀』では「大国主神」という神名ではない)。『出雲国風土記』においても多くの説話に登場し、例えば意宇郡母里郷(現在の島根県安来市)の条には「越八口」を大穴持命が平定し、その帰りに国譲りの宣言をしたという説話がある。 また山陰、四国、近畿、三遠信、北陸、関東など広範囲における地方伝承にも度々登場する。

Add

izm.jpg
 
izm04.jpg
 
01687256.jpg

添付ファイル: file01687256.jpg [詳細] file04.jpg 5件 [詳細] file03.jpg 5件 [詳細] file02.jpg 3件 [詳細] file01.jpg 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-29 (水) 08:06:38