dm.jpg
ey.jpg
 

大嘗宮

大嘗宮内にはほとんど左右対照に、東西に同一の殿舎が建てられていることだろう。主要な神事が行われる正殿を、東は悠紀殿(ゆきでん)、西は主基殿(すきでん)といい、両殿ともに内陣には枕や衾(ふすま、寝具の布)などを備えた八重畳(第一の神座[しんざ])が中央に置かれ、その脇に天皇が着座される御座と神座(第二の神座)がある。 (ゲンダイ)

ds.jpg

新天皇の即位に伴う皇室行事「大嘗祭」の公費支出をめぐり、秋篠宮さまが天皇家の私費で賄う具体案を提示していたことが明らかになった。先の会見では「宮内庁が聞く耳を持たなかった」とも述べられ、同庁が火消しに回ったことは記憶に新しい。

「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか。私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています」などとして、皇室の「私費」にあたる「内廷費」で賄うべきだとの考え

  • 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事(国事行為ではない)2019/11月14日夜から15日未明.秘事.
  • 農耕祭祀に根差しており、原形は弥生時代ごろ見られ、現在の規模・様式になったのは天武・持統朝(7世紀)ごろ
  • 民俗学者の折口信夫が唱えた、新天皇が先天皇の遺体とともに寝具の中に入るという説や、処女との性的解放という説. 『真床覆衾説(まとこおうふすませつ)』

Add

ds02.jpg
  • 新天皇の即位に伴う皇室行事「大嘗祭」の公費支出をめぐり、秋篠宮さまが天皇家の私費で賄う具体案を提示していたことが明らかになった。先の会見では「宮内庁が聞く耳を持たなかった」とも述べられ、同庁が火消しに回ったことは記憶に新しい。

2019/11/14 Sankei 薄明かり 浮かぶ大嘗宮 「古代の世界」に引き込まれ

皇位継承儀式「大嘗祭」が行われる大嘗宮で、帳殿へ向かわれる皇后さま=14日午後6時32分、皇居・東御苑(代表撮影)  14日に皇居・東御苑で始まった「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」。舞台となる大嘗宮は日没後、かがり火と灯籠の薄明かりの中に、幻想的に浮かび上がった。茅(かや)を束ねたたいまつのような「脂燭(ししょく)」の炎に照らされ、白い装束を着た天皇陛下が姿を見せられると、集まった参列者は神秘的な“古代の世界”に引き込まれていった。  約90メートル四方の敷地に、高さ約10メートルの「悠紀殿(ゆきでん)」「主基殿(すきでん)」を中心に約40の建物が並ぶ大嘗宮。ヤチダモの丸太が鳥居形に組まれた東西南北の「神門」にはかがり火がたかれ、静寂の中に「パチパチ」と音が響く。そばには矢を背負い、弓を持った衛門が並び、厳粛な雰囲気を漂わせた。神門をつなぐように巡らされた柴垣の外では、510人の参列者がテント張りの2つの「幄舎(あくしゃ)」に分かれて座り、しんと冷えた空気の中で息をこらして見守った。

2019/11/14 Asahi

大嘗祭「一晩のため税金27億円」 東京駅前で反対集会

「大嘗祭反対」の声を上げる参加者=東京都千代田区  東京都千代田区のJR東京駅・丸の内駅前広場で14日夜、大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。主催者の男性はマイクを持ち「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、巨大な神殿が建てられた」と訴えた。参加者は「インチキ大嘗祭」などと書かれたプラカードを掲げ「大嘗祭反対」「税金返せ」とシュプレヒコールの声を上げた。武蔵野市から来たという女性(37)は「天皇制に反対する人は潜在的にいるのに、声を上げにくい息苦しい状況が生まれている」と語った。



添付ファイル: filedm.jpg 14件 [詳細] fileey.jpg 13件 [詳細] fileds02.jpg 13件 [詳細] fileds.jpg 11件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-20 (水) 11:10:33