日本の神社

引田部神社

01.jpg

引田部神社 ひきたべじんじゃ

新潟県佐渡市金丸488-丙

式内社 佐渡國雑太郡 引田部神社

旧郷社

御祭神

  • 大彦命(おおひこのみこと)第8代孝元天皇の第1皇子.四道将軍の1人、北陸派遣
  • 大己貴命(おおなむち-) 『神社名鑑』==大国主神(おおくにぬしのかみ)出雲大社・大神神社の祭神
  • 猿田彦命 『明治神社誌料』(さるたびこのかみ)天孫降臨の際に、天照大御神に遣わされた邇邇芸命(ににぎのみこと)を道案内した国津神

佐渡島の西のくびれ、旧真野町にある。 神社前が金丸バス停

説明板に、佐渡最高峰の金北山(1173m)が神体山

創祀年代は不詳。

式内社・引田部神社に比定されている古社。

もとは当地の「こうがい崎」という場所にあったという伝承がある。 あるいは「こうがい崎」は、当社の神田であったとも考えられる。

祭神は、社伝では大己貴命。 『神社明細帳』では、猿田彦命としており、 境内案内板では、大彦命となっている。

延喜式内社の佐渡国九柱のうちの一つ。 祭神は四道将軍の一人大彦命とされている。 阿部氏の一族引田氏の部曲(かきべ)が その祖大彦命を祀ったものであ ろうという。鳥居、拝殿、本殿 を通して真後遠方に拝される佐 渡の最高峰金北山は神体山であ り、山頂の金北山神社は一国総 鎮守として大彦命を祀っている。

Add

司馬遼太郎 「佐渡の道」


添付ファイル: file01.jpg 11件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-30 (月) 12:21:39