日本の神社

気多大社

気多大社 けたたいしゃ 石川県羽咋市寺家町ク1

式内社 能登國羽咋郡 気多神社 名神大

能登國一宮

旧國幣大社

御祭神 大己貴命 大己貴命 天活玉命

mico.jpg
mico02.jpg

本殿後方は、「入らずの森」と呼ばれる10000坪の社叢で、 国指定天然記念物であり、一般の立ち入りは禁止されている。 その「入らずの森」に、奥宮が鎮座し、素盞嗚尊と奇稲田姫命が祀られ、 大晦日に宮司等神職により清掃が行われている。 また、この森には、三基の円墳がある。

古縁起によれば、人王八代孝元天皇の御宇、 越中北島の魔王が鳥に化して人民を害し、 鹿島路湖水には大蛇が出現して人民を苦しめていた。 この時、大己貴尊が出雲より眷属を引き連れて来臨し、 化鳥と大蛇を退治し、この地に垂跡したという。

「気多祭儀録」によれば、十代崇神天皇の頃の創建。

古い伝承によると、七尾市所口にある能登生國玉比古神社が、 気多大社の本宮と云われ、上世の昔、大己貴尊が 出雲より因幡の気多崎に至り、そこから当国へ渡って平定し、 その後、所口に鎮祭され、孝元天皇の頃に宮社を建立。 崇神天皇の頃、当社に鎮祭されたとある。

之乎路から直越え来れば羽咋の海潮凪ぎしたり船楫もがも 大伴家持


添付ファイル: filemico02.jpg 7件 [詳細] filemico.jpg 7件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-08 (日) 12:38:13