生保

2012札幌事件

01.jpg

2012/01/20

札幌の暖房のない部屋で姉妹が孤立死

 姉のKさん(享年42)と、知的障害がある妹のMさん(同40)の遺体が、札幌市白石区にあるマンションの一室で見つかったのは、2012年1月20日のことだ。

 Kさんはフリースやジャンパーなどを何枚も着込み、寝室のベッド近くにあおむけに倒れていた。死因は脳内血腫。前年の12月20日以降に受信した携帯電話の迷惑メールを消した形跡がないため、20日に亡くなった可能性が高い。同じ日、Kさんの携帯には「111」という番号への発信記録も残されていた。警察は、Mさんが110番通報しようとしたものの、障害のため正しく操作できなかったとみている。

 一方、Mさんはパジャマを着て、寝室のベッドで布団を半分かけた状態で横たわっていた。Kさんが亡くなった後も半月以上は生きていたようで、今年1月上旬から中旬にかけて凍死したとみられている。 … 「姉の遺体は顎が外れていました。よほど苦しかったのでしょう。妹も凍死じゃなくて餓死だと思っています。骸骨のようにガリガリにやせていましたから」

 姉妹の遺骨を引き取ったいとこの女性は、悔しそうにこう話す。Mさんの身長は158センチ。かつては64キロあった体重が、発見時は36キロになっていたという。

Add

2020/01/16 UHB

生活保護受給の50代男性 "ストーブ購入費"求めて初弁論 札幌市は請求棄却求める 寒冷地で最低限必要なものにストーブは含まれないのか? 訴えは切実です。

 生活保護を受給している男性が、札幌市に石油ストーブの購入費を請求して却下されたのは違法だとして、処分の取り消しを求めた裁判の初弁論が15日、札幌地裁で開かれました。

 処分取り消しを求めているのは、生活保護を受給している札幌市白石区の50代の無職の男性です。

 訴えによりますと、男性は3年前の12月、自宅で15年以上使っていた石油ストーブが故障したため白石区役所に新しいストーブの購入費約1万4000円の支給を申請しましたが、「補助の要件に該当しない」として却下されました。

 ストーブの購入費について男性は、通常の生活に最低限必要な物資が足りない際に支給される生活保護制度の一時扶助の対象になるとしていて、15日の初弁論で憲法が定める「健康で文化的な最低限度の生活」に違反しているとして処分の取り消しを求めました。

 一方、札幌市は請求棄却を求めました。


添付ファイル: file01.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-16 (木) 11:04:23