非常識刑法講座

非常識刑法講座/電気窃盗

可罰的違法性

構成要件に該当するとされる事案について、その違法性及び有責性が軽微であることを条件として、構成要件該当性そのものを否定する学説。

全逓中郵事件

01.jpg

Add

2020/03/07 賭けマージャン”の黒川なぜ訓告 「レートは点ピン(テンピン)」 法務省の川原隆司刑事局長は黒川氏が「1000点100円」のいわゆる「テンピン」のレートでマージャンをしていたと明かしたうえで、このレートについて「社会の実情を見ると、必ずしも高額とは言えない」との見解を示した。毎日新聞2020年5月22日

可罰的違法性がない(一厘事件)藤木英雄説

2019/12/19 fnn 長岡市で中学3年の男子生徒が教師のサーバーに不正にアクセスした事件で、この犯行の直前に男子生徒がサーバーのハードディスクを一度盗んでいたこともわかりました。警察は今回、窃盗の容疑でも男子生徒を書類送検...あわてて他の罪状を言いふらす


添付ファイル: file01.jpg [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 09:32:33