風俗

2019-11-23

img.jpg

河北新報

宮城で女子高生が風俗スカウト仲介、SNS駆使し小遣い稼ぎに 11/23(土) 10:13配信河北新報

 インターネットの会員制交流サイト(SNS)を使い、風俗業界のスカウトを手伝う犯罪まがいの行為が宮城県内の女子高校生の間で行われていたことが分かった。ツイッターの呼び掛けに応じた同年代の女性から希望する業種や待遇を聞き出し、本職のスカウトにあっせんする手口で、報酬も受け取っていた。

 関係者によると、宮城県内の公立高校3年の女子生徒(18)のSNSに残る記録から発覚した。

 女子生徒は「夜職したい人は連絡して」などと風俗店やキャバクラへの就業者募集を示唆するコメントをツイッターに投稿。当事者同士でしか閲覧できないダイレクトメッセージ(DM)に連絡するよう促していた。

 呼び掛けに応じて連絡した人に対して「どんな職種に就きたいか」「月給はいくら欲しいか」などと質問。希望に沿って、ソープランドやデリバリーヘルス(無店舗型風俗店)といった性風俗業やキャバクラなどの業務内容を説明していた。

 18歳以上であることを示す身分証明書の写真を送るよう促したり、高校中退を勧めたりもしていた。

 「男性のスカウトにつなぐクッションの役割」と女子生徒はSNS上で自らの立場を説明。スカウトと面談する日程も決めていた。女子生徒の紹介を基に、少なくとも女性4人が性風俗店などに勤務した。女子生徒は自身がスカウトから報酬を受け取ったことも明かしていた。


添付ファイル: fileimg.jpg 14件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-25 (月) 16:10:01