Movie

日本の作家/石原慎太郎?

ANA/浅野里香/ブラタモリ(葉山)

大東亜企業年鑑/石原プロ?

狂った果実

夏の逗子海岸で、大学生と高校生の兄弟二人が、ヨットやボートで遊んでいる。兄の夏久は、太陽族と呼ばれ、享楽的で不良っぽい。反して弟の春次は、かたくて純真なタイプで、女性にもうぶである。あるとき、二人は恵梨という美女と海で知り合う。春次は彼女に惹かれ、真剣な思いで次第につきあうようになる。ところが別の日に横浜のクラブで恵梨を見かけた兄の夏久は、彼女に夫がいたことを知る。春次との浮気を正当化する恵梨だが、夏久は弟に言わない代わりに自分と浮気するように迫り、強引に抱きしめ関係を持ってしまう。恵梨は春次に心はあるものの、夏久の魅力、肉体にも惹かれていく。あるとき夏久は、弟を出し抜いて恵梨をヨットで海に連れ出し、弟も夫も捨てて俺についてくるようにと迫る。恵梨を奪われたと知った春次は、二人が乗ったヨットをモーターボートで徹夜で探す。とうとう二人が一緒のところを見つけた春次は、ヨットの周囲を無言で何度も回り続ける。兄は、お前の勝ちだと言い、恵梨は、春次の名前を呼んで海に飛び込む。しかし春次はボートで恵梨をはね、ヨットに体当たりするのだった。

01.jpg

狂った果実

製作=日活  1956.07.12  9巻 2,356m 86分 白黒

  • 製作:水の江滝子
  • 監督:中平康
  • 助監督:蔵原惟繕
  • 脚本:石原慎太郎
  • 原作:石原慎太郎
  • 撮影:峰重義
  • 音楽:佐藤勝 武満徹
  • 美術:松山崇
  • 録音:神谷正和
  • 照明:三尾三郎
  • 編集:辻井正則
  • スクリプター:木村雪恵
  • スチール:斎藤耕一
  • 製作主任:桜井宏信 栗橋正敏
  • 特殊撮影:日活特殊技術部

配役

  • 滝島夏久:石原裕次郎
  • 滝島春次:津川雅彦
  • 父親:深見泰三
  • 母親:藤代鮎子
  • 恵梨:北原三枝
  • 恵梨の夫:ハロルド・コンウェイ
  • 平沢フランク:岡田真澄
  • 道子:東谷暎子(ひがしたにえいこ)
  • 相田:木浦昭芳
  • 手塚:島崎喜美男
  • 島:加茂嘉久
  • 鎌倉の家の婆や:紅沢葉子
  • 恵梨の仲間の女:渡規子
  • その夫:ピエール・モン
  • 鎌倉の貸家の女:竹内洋子
  • 立話しの女A:原恵子
  • 立話しの女B:潮けい子
  • ボート・マスター:近藤宏
  • 漁師:山田禅二
  • 〃:峰三平
  • 海岸の学生:長門裕之(特別出演)
  • 海岸の学生:石原慎太郎?(特別出演)
  • 宮路正義 中村美津子 明石涼子 関田裕 北茂朗 寺島哲 大美善助 北浜久 川口凡人 加藤良朗

Add

1956年、日活により映画化・公開(太陽族映画)された。石原慎太郎が同名の原作小説を書き始める段階で日活から「映画化したい」という話があり、慎太郎が弟・裕次郎の主演を条件に承諾したという。慎太郎自身が脚本も手がけている。

当初、日活側は裕次郎を弟の春次役に起用し、兄の夏久には三國連太郎を起用しようとしたが、「役回りが年齢的に自分に合わない」という理由で三國が辞退、慎太郎はある結婚式でたまたま見かけた1人の少年のことを思い出した。それが津川雅彦であり、最後には「彼でなければ駄目だ」という慎太郎の強力な推薦により春次役での出演が決定、裕次郎は夏久役に回った。ちなみに、津川の芸名もこの作品に出演した時に慎太郎が自らの小説『太陽の季節』のメインキャラクター「津川竜哉」から命名した(いずれのエピソードも慎太郎の小説『弟』)

kr.jpg
 
kr02.jpg
 
kr03.jpg
 
kr04.jpg
 
kr05.jpg
 
kr06.jpg
 
kr07.jpg
 
kr08.jpg
 
kr09.jpg
 

添付ファイル: filekr09.jpg 4件 [詳細] filekr08.jpg 4件 [詳細] filekr07.jpg 6件 [詳細] filekr06.jpg 6件 [詳細] filekr05.jpg 9件 [詳細] filekr04.jpg 12件 [詳細] filekr03.jpg 3件 [詳細] filekr02.jpg 7件 [詳細] filekr.jpg 8件 [詳細] file01.jpg 8件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-15 (水) 15:15:44