TV

みをつくし料理帖

「みをつくし」は「身を尽くし」…。大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕一本を頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語。1802年(享和2年)、大坂・淀川の水害で両親を亡くし、幼なじみの野江とも生き別れ、一人ぼっちになった8歳の澪(みお)は、たまたま出会った料理屋・天満一兆庵の女将・芳(よし)に助けられ、女料理人として修業をはじめた。板場がまだ女人禁制の時代に、天性の味覚を見込まれたのだ。しかし、天満一兆庵が火事で焼失してしまい、澪と芳は主人の嘉兵衛とともに江戸へ出立。不思議な縁で、蕎麦屋「つる家」の主人・種市から店で働かないかと誘われる。上方と江戸の味付けの違いに戸惑い、ライバル店の激しい妨害に遭い、武士・小松原との身分違いの恋に悩みながらも、澪は一人前の女料理人としての道を懸命に貫いていく。澪は“雲外蒼天(うんがいそうてん)”…誰も見たことのない青い空を見ることができるのか?澪に淡い思いを寄せる医者の源斉、澪の料理の辛口ご意見番・清右衛門、気風がよくて世話好きのおりょう、吉原一の花魁(おいらん)あさひ太夫など個性豊かな面々の厳しさと優しさに助けられながら、ヒロイン澪は才を磨き、自分だけの“心星(しんぼし)”を探して、今日も明日も料理の腕をふるうのだった。【以上、NHK広報資料より引用】各回のサブタイトルは以下のとおり。第1回「はてなの飯」、第2回「とろとろ茶碗(わん)蒸し」、第3回「三つ葉尽(づ)くし」、第4回「ほろにが蕗(ふき)ご飯」、第6回「う尽(づ)くし」、第7回「ふっくら鱧(はも)の葛叩き」、最終回(第8回)「寒鰆(かんざわら)の昆布締め」。放送期間のうち、2017/05/27は別番組放送のため番組休止。【役名(演技者)】澪(黒木華)、小松原[小野寺数馬](森山未來)、芳(安田成美)、種市(小日向文世)、永田源斉(永山絢斗)、清右衛門(木村祐一)、あさひ太夫(成海璃子)、嘉兵衛(国広富之)、又次(萩原聖人)、采女宗馬(松尾スズキ)、おりょう(麻生祐未)、坂村堂嘉久(村杉蝉之介)、伊佐三(小林正寛)、水原東西(星田英利)、ふき(蒔田彩珠)、末松(毎熊克哉)、菊乃(柳生みゆ)、少女時代の澪(大庭愛未)、少女時代の野江(安藤美優)、太一(林田悠作)、健坊(齋藤絢永)、坂梨志摩守(山崎一)、伝右衛門(伊武雅刀)、佐兵衛(柳下大)、駒澤弥三郎(波岡一喜)、早帆(佐藤めぐみ)、喜の字屋(大谷亮介)。

hana02.jpg
hana03.jpg
  • NHK GTV 土 2017/05/13~2017/07/08 18:05-18:43 放送回数 8 回

土曜時代ドラマ

  • 出演 黒木華、森山未來(森山未来)、永山絢斗、成海璃子、小日向文世、安田成美、麻生祐未、萩原聖人、国広富之、木村祐一、村杉蝉之介、小林正寛、柳下大、柳生みゆ(柳生美結)、蒔田彩珠、毎熊克哉、松尾スズキ、伊武雅刀(伊武雅之)、大倉孝二、波岡一喜、佐藤めぐみ、山崎一、星田英利(ほっしゃん。)、坂井香奈美、大庭愛未、安藤美優、林田悠作、齋藤絢永、浜田道彦、小久保寿人、藤井亜紀、松本ししまる、多田木亮佑、植田真介、川嶋秀明、内藤裕志、石井テルユキ、川辺邦弘、堀田勝、石黒久也、横塚真之介、大谷亮介、三谷正登、横堀悦夫、西原康彰、伏見狸一、斉藤一平(3)(8)、(所作指導:花柳寿楽)(殺陣指導:車邦秀)(大坂ことば指導:井上裕季子)(医事指導:冨田泰彦(富田泰彦))
  • 脚本 藤本有紀
  • 演出 柴田岳志 佐藤峰世
  • 原作 髙田郁「みをつくし料理帖」
  • 局系列 NHK
  • 制作 (制作統括:城谷厚司(NHKエンタープライズ)、山本敏彦(NHK))
  • 音楽 清水靖晃

Add

2019/12/08(日) 新作「みをつくし料理帖スペシャル」の放送(14日・21日)を目前に控え、2017年に放送された「みをつくし料理帖」第1シリーズの総集編をお届けする。

hana.jpg

添付ファイル: filehana03.jpg 2件 [詳細] filehana02.jpg 2件 [詳細] filehana.jpg 8件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-28 (土) 08:37:29