TV/ブラック・ジャック

bj21_02.jpg
 

ブラック・ジャック21

ブラック・ジャック21

原作 手塚治虫

監督 手塚眞

シリーズ構成 隅沢克之

キャラクターデザイン 神村幸子(メイン)

音楽 松本晃彦

アニメーション制作 手塚プロダクション

製作 よみうりテレビ、手塚プロダクション

放送局 よみうりテレビ

放送期間 2006年04月10日 - 09月04日

全17話

bj21_01.jpg

ゲスト

21-1 「医師免許が返る日」

如月めぐみ(きさらぎ めぐみ) BJの学生時代の恋人。『21-1:医師免許が返る日』の回想シーンに登場している。それによるとBJは病に侵された彼女の手術(原作では子宮がん)を勝手に行い、医師免許を剥奪されたらしい。

医師会長 声 - 大塚周夫 日本医師会の会長。警察や日本政府の大臣よりも強い権力を持っていると言われ、BJが反抗的な態度を取った事で警察に圧力をかけて彼を逮捕する。ボッケリーニからのBJの釈放要請を再三拒否し、BJの代役として白拍子を派遣するも、白拍子の手術を受けたボッケリーニの孫が死亡したことで彼の怒りを買い、彼の雇ったマフィアによって息子・明夫が瀕死の重傷を負わされてしまう。そしてBJに特別に用意した医師免許を渡し、息子の手術を依頼するも、その医師免許を破られてしまい、条件付き(5億円)で止むを得ずに承諾する。 ボッケリーニ 声 - 大木民夫 イタリアの大富豪。BJの手術のお蔭で一命を取り留めた事があり、BJとは知り合い。先天性の病を患う孫・ピエトロの手術をBJ依頼する為に来日する。しかし医師会長がBJの釈放を拒否した上に、彼の代わりとして派遣された白拍子の手術を受けた孫が手術後に死亡した(時間を掛けて治さず、一度に完治させたのが原因)。その怒りからマフィアを雇い医師会長の息子を銃撃させる。原作では裏社会からのし上がった設定であるが、本作では普通の大富豪となっている。

21-2 「BJ父親との再会」 マカオ 父と再会、火事で損傷した新しい妻(蓮花 れんか=全万徳の娘)の顔を整形、母と同じ顔にする 直後、BJ家爆破、実際は、過去作登場のシャチに助けられた

21-3 「悲しみのピノコ」

bj21_03.jpg

三日月のシャチ トリトン 21年前の不発弾爆破は事故ではなかった ピコ、養子先から脱出 ナイロン 声 - 菅原淳一 九蛇の殺し屋。BJを始末しようと彼を付け狙い、手術中の彼を襲撃するも、ピノコに阻止され、その直後に蒼龍に始末される 佐伯医師 声 - 島田敏 佐伯夫人 声 - 伊藤美紀 一時的にピノコの養父母となった夫婦

21-4 「北欧の黒い天使」 スージー 声 - 桃井はるこ BJとピノコが出会った少女。母親が癌に侵され、父親は愛人と失踪したため、ほとんど一人で生活をしていた。BJの事は「ブラックコーヒー先生」と呼んでおり、BJが彼女と出会った際に負った指の傷から母親の手術を行ったクロイツェル博士がBJの変装であると見抜いた。 スージーの母 声 - 江森浩子 スージーの母親。癌に侵されており、クロイツェル博士の公開手術を受ける予定であったが、クロイツェルに変装したBJの手術によって一命をとりとめる。 副院長 声 - 中田譲治 クロイツェル中央病院の副院長。次期院長の座を狙っているとされており、事故に遭ったクロイツェルが病院に現れた(実際はBJの変装)際には驚いていた。その後クロイツェルをBJの変装と気付かずに副理事のデブンが病院の運営資金を着服していることを告げた。

21-5 「ロボットの腕」 トリトン 声 - 緒方恵美 このみがシュタイン総合病院で担当している患者。天才的なピアノの腕を持つが、ユーイング肉腫を患っている為長時間腕を動かすことが出来ない。身寄りがないが、シュタインが病院の医療技術の高さを売り込むために彼が開発した最新式のロボットアームを取り付ける手術を無償で受ける予定だったが、ピノコの言葉で手術を迷うようになる。そして自らの意思でBJの手術を受け、腕を切断せずに済んだ。

21-6 「空飛ぶ病院」 西川史子(にしかわ あやこ) 21-1の看護師 ドクター・ホワイト=白拍子泰彦(しらびょうし やすひこ)

21-7 「百億円 命の約束」 蟻谷 声 - 古川登志夫 大手医療機器メーカーの社員。無実の罪で捕まったBJを助けたことで彼から「もし怪我をしたら助ける」と約束する。上司のコールの命令で彼が満徳の組織に献金する金の運び屋を行っていた。しかし献金が問題となった事で立場が危うくなったコールに罪を着せられ、彼の依頼を受けた者達に線路に突き飛ばされ、瀕死の重症を負ってしまう。しかしBJが手術を行い、同時に顔を整形した事で命を助けられた。その後はBJに組織の危険性とノワールプロジェクトの事を伝えた。 ローゼンバーグ 声 - 秋元羊介 ドイツのローゼンバーグ病院の経営者。BJが蟻谷の手術を行うために病院を100億円で買い取りたいと屋敷を訪れた際に事情を聞き、患者が回復するまでの条件付きで病院を譲るという寛大な対応をした。

21-8 「65年後の目覚め」 モリーン・モーガン 声 - 佐久間レイ ヒューの姪にあたる女性。ヒューの姉である母の遺言や経済的な問題、80年以上生きた者はいないという彼女の家系の特徴などからヒューの安楽死をドクター・キリコに依頼する。 ヒュー・モーガン 声 - 野田順子 モリーンの叔父にあたる人物。65年前に爆発事故に巻き込まれ、それ以来眠り続けている。実年齢は80歳だが、事故に遭ってから成長が止まっているため、見た目は事故当時の15歳のままである。シュタインが研究対象にしようとしていたが、BJが手術をしたことで意識を取り戻す。しかし直後に老化現象が始まり、老衰により息を引き取った。

21-9 「心臓(ハート)の刻印」 心臓のバッテリーは、発電能力のあるウイルス

21-10 「紐育(ニューヨーク)の奇跡」 キャサリン・バート 声 - 峰あつ子(若い頃:小野涼子) ビルの母親で元看護師。BJの両親の影三とみおとは親友であった。息子を妊娠中に心臓発作で倒れるも、影三が満徳の下から持ち出した新型の人工心臓を移植したことで一命をとりとめる。しかし現在は人工心臓の電源に使われたBOPウイルスが原因の本間血腫に侵されていたが、BJが別の人工心臓を再移植したことで再び一命をとりとめる。そしてBJに両親との過去を話した。 ビル・バート 声 - 松本保典 キャサリンの息子でバート病院の院長。まだ若手(BJよりは年上)だが、自ら執刀医として手術を行うこともある為周りのスタッフからの信頼も厚い。病院を訪れたBJにドクター・ジョルジュの所在を教える条件として本間血腫を患う母の治療を依頼する。BJに協力的な姿勢を示した数少ない人物であり、母の治療後はジョルジュの所在を教えた。またピノコが九蛇の顧客リストをメールで世界中に送った際には手塚、このみ、西川らと共にメールを受け取っていた。

21-11 「黒い医者の秘密」 カナダ キリコ登場

21-12 「オーロラの彼方に」

21-13 「ピノコ、日本へ帰れ!」 アフリカ アル 声 - 愛河里花子 ピノコ達が出会った孤児の少年。10年前に両親を亡くした際に双子の弟であるニコと共に生き残ったが、養父母の事情で一人しか引き取れないと知った事でニコを引き取るように懇願し、彼と離ればなれになってしまう。その後は施設で育ち、街を転々としていたが、最近になってニコと再会するも、互いに避け合っていた。重度の肝不全を患っており、症状が悪化して倒れた事でBJの手術を受け、ニコの肝臓を移植したことで一命をとりとめる。その後はニコの養父母の計らいでニコと共に彼の養父母の下で暮らせるようになった。 ニコ 声 - 丸山美紀 アルの双子の弟。かつて両親を亡くした際、息子のヨハンが亡くなった事を妻に話せず、アルの懇願で養父に引き取られたことでアルと離ればなれになってしまった。養父母の手前アルのことを避けていたが、写楽からアルの病気のことを聞き、自らの肝臓を提供する(養母はニコがヨハンでない事に既に気付いていた)。

21-14 「恐怖のフェニックス病」 マリー 声 - かないみか フェニックス病が蔓延している村の少女。病気の母親をBJとクーマに助けられる。直後にピノコと共に黒ヒョウに襲われるも、クーマに助けられ、彼の輸血に必要な血液を集めるために提供を村人達を説得した。 ジル 声 - 中村千絵 マリーの兄

21-15 「BJ父親の真実」 父親の皮膚を移植

21-16 「破滅への挑戦」 ドクターホワイト再登場 全満徳(ぜん まんとく)がフェニックス病に

21-17 「生命(いのち)の尊厳」 フェニックス病特効薬ホンマ・ワクチンは、無償で全世界に提供 クラーク 声 - 菅原淳一 アメリカ大統領補佐官

CAST

ブラック・ジャック(BJ)=間黒男(はざま くろお) 声 - 大塚明夫(幼少時代:百々麻子) 無免許の天才外科医。父親・影三との再会後、自宅を爆破され九死に一生を得て、自らの出生の秘密を解き明かすため、世界中を巡る。 母親・みおと自分を捨てた影三を憎んでいたが、真実を知り以後は影三のことを憎まないようになる。

ピノコ 声 - 水谷優子 BJの唯一の家族であり助手であり自称「おくたん」(奥さん)。 『21-3:悲しみのピノコ』ではBJの計らいで子供のいない佐伯医院の院長家に養子に出されたが、結局は再会し、不満を口にしながらもBJの旅に同行する。BJが初めて全満徳と対談している最中、マイクロフィルムに隠された組織の顧客名簿データを世界中の知り合いに送信する活躍を見せた。終盤のスカイホスピタル内にて、キャンサーハンターにより劇的な進化を遂げたフェニックス病にかかってしまう。最終回ではBJが見た幻として8頭身の姿で現れ彼を励ます。

写楽(しゃらく) 声 - 佐藤ゆうこ ピノコの友人。本格的に登場したのは『21-2:BJ父親との再会』、『21-3:悲しみのピノコ』、『21-13:ピノコ、日本へ帰れ!』、最終回の4回のみだが、毎回本編の中に同じ姿の人物が紛れている。これは本編終了後の『写楽をさがせ』のコーナー(後述)でどこにいたかが分かるようになっている。元は『三つ目がとおる』の主人公。

和登(わと) 声 - 小野涼子 写楽の姉。 『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。同じく『三つ目がとおる』から出演。

マスター 声 - 富田耕生 喫茶店「Tom」のマスター。Tomを開く前はマジシャンをやっていて、電車でスリをしたことがあったが、不慮の事故で指を切り、ブラックジャックに指をつなげてもらった後はスリをやめ、喫茶店のマスターになった。 『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。

本間久美子(ほんま くみこ) 声 - 川瀬晶子 BJの恩師・本間丈太郎の娘。 『21-2:BJ父親との再会』『21-3:悲しみのピノコ』と最終回に登場。

ラルゴ 声 - 石井真 BJの飼い犬。近くにいる人間に迫っている危機を本能的に察知することが出来、『21-2:BJ父親との再会』でもその設定を思わせるような描写がなされていた。

友引警部(ともびきけいぶ) 声 - 内海賢二 警視庁の警部。『21-1:医師免許が返る日』と『21-3:悲しみのピノコ』に登場。『21-1〜』では獅子面病におかされた息子・賢太郎を治す代わりに無罪放免し、医師免許もとらせるとBJに約束したが、日本医師会がそれを許さず、その後無免許で逮捕されたBJを救おうとした。 また『21-3〜』では謎の組織に狙われるBJを守るため、マスターや久美子たちにBJが死んだなどと言い、スパイをごまかした。

ブラッククィーン=桑田このみ 声 - 松井菜桜子 優秀な女性外科医。当初は手足を切断するような手術も平然と冷淡な性格だったがBJとの出会いを機に考えを改めるようになる。『21-5:ロボットの腕』と『21-15:BJ父親の真実』に登場。 『21-5〜』では勉強のためにシュタイン総合病院を訪れ、BJらと再会、自分が受け持つ患者の手術を依頼した。『21-15〜』ではピノコが送ったメールを受け取った後、足を怪我したBJの手術を手伝った。 『21-5〜』ではBJに好意を持っていると思われる描写がされている(原作ではBJがこのみに思いを寄せていたと思われる描写がある)。『ホスピタル』の登場人物の辰巳の代役をつとめた。

手塚医師(てづかいし) BJの親友で、手塚病院の院長。『21-15:BJ父親の真実』に登場。 声での出演はなく、ピノコが九蛇の顧客リストをメールで世界中に送った際には西川、このみ、ビルらと共にメールを受け取っていた。

本間丈太郎(ほんま じょうたろう) 声 - 阪脩 BJの恩師で、「ノワール・プロジェクト」の一員だった医者。プロジェクトでは移植手術を担当していたが、BOPの実用化を巡り他のメンバーと対立し、プロジェクトを離脱していた。BJの手術の際は旧知のシュタインの勧めで様々な移植手術を行い、彼の命を救った。実は母親・みおに連れられたBJと事故以前に会っている。また生前、BJに宛てて「本間血腫」の詳細と警告を書いた手紙を残していた。 プロジェクトが開発した人工心臓が原因で発生した病気を「本間血腫」と名付け治療に挑んだが、結果的に患者を死なせてしまった。その事でマスコミや医師会から「患者を生体実験にかけた」と非難をされ、責任を取って一線を退いた。それから数十年後、BJと再会するも間もなく老衰で亡くなった。 最終回でBJが見た幻に現れ「医者はあくまで患者が治る手助けをするだけ」と語った。

鯨岡親子 声 - 辻親八、三木眞一郎 漁師の親子。『21-3:悲しみのピノコ』に登場。トリトンに助けられたBJを一時匿った。

トリトン BJの親友だったシャチ。『21-3:悲しみのピノコ』に登場。自宅を爆破され、海に沈んでいくBJを助けた。

犬持(けんもち) 声 - 中庸介 写楽と和登の父親。『21-13:ピノコ、日本へ帰れ!』に登場

List

各話 放送日 サブタイトル 原作 シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 (キャラクターデザイン) 21-1 2006年 4月10日 医師免許が返る日 報復 獅子面病 手塚眞 吉村文宏 内田裕

21-2 4月17日 BJ父親との再会 えらばれたマスク 隅沢克之 桑原智 瀬谷新二

21-3 4月24日 悲しみのピノコ ピノコ再び 西田正義

21-4 5月8日 北欧の黒い天使 身代わり 森田浩光 竹内啓雄 杉野昭夫

21-5 5月15日 ロボットの腕 ホスピタル 桑原智 牧野吉高 金子匡邦

21-6 5月22日 空飛ぶ病院 腫瘍狩り 加藤陽一 森田浩光 鈴木卓夫 中川航 (神村幸子)

21-7 5月29日 百億円 命の約束 助け合い 森田眞由美 桑原智 吉村文宏 片山みゆき

21-8 6月5日 65年後の目覚め 浦島太郎 手塚眞 桑原智 瀬谷新二

21-9 6月12日 心臓(ハート)の刻印 本間血腫 隅沢克之 森田浩光 竹内啓雄 杉野昭夫

21-10 6月26日 紐育(ニューヨーク)の奇跡 ある老婆の思い出 内田裕 吉村文宏 内田裕

21-11 7月3日 黒い医者の宿命 弁があった! 吉村文宏 片山みゆき

21-12 7月10日 オーロラの彼方に 殺しがやってくる 竹内啓雄 桑原智 鈴木卓夫 中川航 (神村幸子)

21-13 7月24日 ピノコ、日本へ帰れ! ピノコ愛してる 森田眞由美 西田正義

21-14 7月31日 恐怖のフェニックス病 ブラック・ジャック病 桑原智 森田浩光 堀内直樹 松田芳明 安藤幹彦 (神村幸子)

21-15 8月14日 BJ父親の真実 骨肉 手塚眞 竹内啓雄 杉野昭夫

21-16 8月28日 破滅への挑戦 きたるべきチャンス・腫瘍狩り 加藤陽一 吉村文宏 内田裕

21-17 9月4日 生命(いのち)の尊厳 99.9%の水・2人目がいた 隅沢克之 桑原智 吉村文宏 片山みゆき

Staff

  • 原作 - 手塚治虫(秋田書店刊)
  • 企画 - 諏訪道彦、清水義裕
  • 監督 - 手塚眞
  • シリーズ構成 - 隅沢克之
  • チーフディレクター - 桑原智
  • メインキャラクターデザイン - 神村幸子
  • プロップデザイン - 中川航
  • 美術監督 - 斉藤雅巳、柴田正人
  • 撮影監督 - 高橋智弘
  • デジタルテクニカルディレクター - 高橋賢太郎
  • 編集 - 森田清次
  • 音響監督 - 井澤基
  • 音楽 - 松本晃彦
  • 音楽制作 - avex entertainment
  • 医学アドバイザー - 竹下俊隆
  • 制作統括 - 小石川伸哉、松谷孝征
  • プロデューサー - 斎藤朋之、宇田川純男
  • チーフプロデューサー - 諏訪道彦、久保田稔
  • アニメーションプロデューサー - 大石光明、大澤宏志
  • 制作 - よみうりテレビ、手塚プロダクション

主題歌

  • オープニングテーマ「Destiny -太陽の花-」(21-1〜21-17) 歌 - 島谷ひとみ
  • エンディングテーマ「careless breath」(21-1〜21-8) 歌 - EXILE 前シリーズ『ブラック・ジャック』から引き続き使用。
  • 新エンディングテーマ「Silence whispers」(21-9〜21-17) 歌 - TRF 2006年6月12日より変更。最終話のみ、映像はこれまでのエピソードのダイジェスト。
  • 最終回挿入歌「月光花 -Black Jack Mix-」 歌 - Janne Da Arc 番組テーマ曲で使用された際のクレジットは「月光花」であるが、この挿入歌に対するクレジットはない。Fullではなく、一部をカットして使用

Add


添付ファイル: filebj21_03.jpg [詳細] filebj21_02.jpg 2件 [詳細] filebj21_01.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-24 (火) 18:32:20