TV/山本周五郎人情時代劇

めおと蝶

山本周五郎人情時代劇 第十二話「めおと蝶」

山本周五郎人情時代劇(最終回(第12回))「めおと蝶」 日本民間放送連盟賞受賞作品。「信乃(小野ゆり子)は、慕い合う知也(石黒英雄)がいたものの、国家老・井巻の薦めで大目付・上村良平(山崎樹範)と夫婦になる。しかし、長男・甲之助を自分で育てることを許されず、常に難しい顔をして贅沢を好まない良平との生活に、どこかぼんやりと過ごすように。そんなある日、知也が良平の上役である井巻派の暗殺を企てたとして仲間らと捕まり、その後、内通者の助けで脱走。報せを受けた信乃は眠れぬ夜を過ごすが、そこへ傷を負った知也が現れる。不正を正そうとして謀られたと話す知也を思わず納戸へ匿い、密かに療養させ…。数日後、“汚名を晴らして必ず迎えに行く”と言い残し、知也は江戸にいる藩主のもとへ。しばらくして、知也は特赦となり、不正に関与していたことが明るみになった井巻ら重臣が失脚。上役の失脚により上村家の身辺が慌ただしくなる中、状況の把握できない信乃は、蝶の形にかたどった紙で器用に障子を繕うなど、これまでとは違う姿を見せる良平に戸惑いを覚える。そして、召し出しを受けた良平から巻き添えを食わぬようにと離縁状を差し出され…。【この項、BSジャパン広報資料より引用】」撮影協力:EDO WONDERLAND STUDIO、清瀧山金蔵院聖法寺、佐野フィルムコミッション。協力会社:山田かつら、ビッグウッド、キアロスクーロ撮影事務所、日本シネ・サービス、SOTO USA Inc.、アイズ、ノマド。

mc.jpg
 
mc02.jpg
mc03.jpg
  • BSジャパン 火 2016/03/15 21:00-22:00 単発 BSジャパン開局15周年特別企画 火曜スペシャル
  • 出演 小野ゆり子、山崎樹範、石黒英雄、金澤美穂、宮内かれん、木村皐誠、河野聡、大島亮二、大北晋平、武田浩二、今川健吾、大竹大生、プロジェクト茨城、Yプロダクション、(所作指導:後藤ひろみ)(ナレーション:柴田明良)
  • 脚本 三國月々子
  • プロデューサー 瀧川治水(BSジャパン)、山本和夫(ドラマデザイン社)、(協力プロデューサー:上野境介(キャンター)、五十嵐利臣(日光江戸村)、岡田慎一(日光江戸村))(アシスタントプロデューサー:北田希利子)(協力アシスタントプロデューサー:酒井明)
  • 演出 (監督:永江二朗)(助監督:山嵜晋平)(演出助手:名倉良祐、小堆寛稀)(時代考証:大石学)(時代考証(演出):工藤航平(時代考証学会))(言語監修:田中宏昌)(スタジオアシスタント:佐藤久美子)
  • 原作 山本周五郎「めおと蝶」(新潮文庫刊「扇野」所収)
  • 局系列 TXN
  • 制作会社 (製作:ドラマデザイン社、BSジャパン)
  • 制作協力 キャンター、(特別協力:日光江戸村)
  • 制作 (制作担当:越智喜明、齋藤鋼児)(車輌・制作応援:虫狩愉司)(ケータリング:角田 公美)(ポスプロ担当プロデューサー:角田昇)(制作デスク:岩渕里菜(BSジャパン))
  • 企画 (編成:栁川美波(BSジャパン))(デスク:元井久美(ドラマデザイン社))(番組宣伝:外池由美(TX))(ホームページ:榎本美奈子(TXCOM))
  • 音楽 諸橋邦行、(音響効果:弥栄裕樹(録音も))(MA:東舘康夫) 撮影技術 早坂伸、(照明:大庭郭基)(録音:弥栄裕樹(音響効果も))(編集:大橋正和)(撮影助手:小島悠介、日下部文哉)(照明助手:福長弘章、富谷颯輝)(録音助手:松枝風)(オンライン編集:竹本歩)
  • 美術 吉見邦弘、(美術助手:榎田剛一)(装飾:佐藤孝之、長田征史)(床山:菅原努、田渕恵子)(かつら:井上博史)(持ち道具:谷中太楼)(衣裳:大森茂雄、渋谷真里、上田紗栄)(メイク:和田奈穂、田中美希)(オープニングCG:大森清一郎)(題字:三輪若菜)

添付ファイル: filemc03.jpg [詳細] filemc02.jpg [詳細] filemc.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-12 (木) 20:29:32