TV

怪物

読売テレビ開局55年記念ドラマ 怪物(新聞ラテ欄表記…読売テレビ開局55年記念ドラマ「怪物」 「怪物として生きるか人間として死ぬか…!究極の本格サスペンスを豪華出演者で映像化…刑事が出会った男は美しい顔を持つ怪物だった!一人の女を巡る壮絶な闘い」) 文化庁芸術祭参加作品。「警察の中で孤立し、左遷を間近に控えている刑事・香西武雄(佐藤浩市)。彼には忘れられない事件があった。15年前、8歳の少女が誘拐・殺害された事件だ。香西には、殺人があった現場で「死の匂い」を嗅ぎとる特殊な感覚を持っていた。その時、香西は、当時大学生だった代議士の息子・堂島昭(要潤)の部屋でその匂いを嗅いでいた。しかし、権力の壁に阻まれ、堂島を逮捕する事が出来なかったのだ。それ以降、香西はその特殊な能力と正義感ゆえに煙たがられて孤立し、香西もそんな警察組織に失望していた。今や政界のホープとなった堂島がスポットライトを浴びる一方、香西は担当外である失踪人捜索を押しつけられる。 新米刑事・石川えみ(栗山千明)と共に失踪者・橋爪の足取りを追う中、訪れた最新鋭のゴミ処理施設で、香西は思いがけず「死の匂い」を嗅ぐ。そこにはDNAをも溶かす水―亜臨界水の研究者・真崎亮(向井理)がいた。真崎の不気味な佇まいと「死の匂い」に、香西は、真崎が亜臨界水で橋爪を「消した」と確信する…。そんな時、香西の前に「15年前の事件の犯人を知っている」という女性・藤井寺里紗(多部未華子)が現れる。里紗は15年前の事件直前、堂島に襲われていた。心に傷を負いながらも必死に堂島を告発しようとしている里紗の健気な姿に、香西は失いかけていた希望を取り戻し、正義感を奮い立たせる。里紗と協力して堂島を嵌め、堂島の口から真相を喋らせようとする香西。ところが、その最中に里紗が偶発的な事故で堂島を死なせてしまう。何としても里紗を守りたい香西は、葛藤の末に恐ろしい手段をとる。それは、真崎に亜臨界水で堂島の遺体を「処理」させる事だった…。真崎は香西の頼みを聞き入れ、あっさりと堂島の遺体を処理してくれる。一先ず安堵する香西だったが、しかし、人を人とも思わず、命を、人間を、次々と消していく真崎の常人を超越した言動に、今まで感じたことのない底知れない恐怖を感じ、不安になる。そして、その不安は的中する。香西に興味を抱いた真崎は、香西にとって最も大切な存在となっていた里紗をあっさりと籠絡。香西を挑発してきたのだ。香西は里紗を奪還するため、正義感と「死の匂い」を嗅ぐ特殊な感覚を武器に、証拠も罪悪感も残さずに次々と人間を消してきた「怪物」真崎を追いつめようとする。だが、そこには、香西の正義感をも揺るがす、衝撃の展開が待ち受けていた…。【この項、読売テレビ広報資料より引用】」「エンタテインメントとしての面白さを保ちながら、善と悪という本来対極であるはずの両者の疑似性を映し出す。善が悪に駆逐されていくプロセスが見る者にある種不思議な快感を感じさせる優れものの作品。ニーチェの言葉をラストに挿入することで、エンタテインメントゆえの予定調和的な要素ですら、悪と善との相似性を描くため、ニーチェの哲学書における寓話構造を模した手法の一環のようにみせている。芸術祭に参加し選考では好評だったが、「入水自殺」を「にゅうすい自殺」と何度も語っていてこの部分が「じゅすい自殺」が妥当ではないかとひっかかり受賞を逃したのは惜しまれてならない。【この項、文:古崎康成】」脚本家からツイッターで、「演出部が調べたところ「にゅうすい」と読むこともあるのでそのまま修正せずに通したと説明があった」という。ロケーション協力:湘南国際村センター、ラグナタワー管理組合、東京港湾福祉厚生協会、神奈川水再生センター、ソリッドスクエア、BAGUS BAR、アルプス電気、共立女子大学、In Field、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ、ブックファースト。協力:スタジオブルー、ドルフィンズ、スワーヴイメージス、レントシーバー。

kb.jpg
 
kb02.jpg
 
kb03.jpg
 
kb04.jpg
  • YTV 木 2013/06/27 21:00-23:08 単発 SPドラマ
  • 出演 佐藤浩市、向井理、多部未華子、要潤、栗山千明(特別出演)、矢島健一、いしのようこ(石野陽子)、矢柴俊博、藤吉久美子、山下容莉枝、仙波和之、藤原薫、、大田正樹、竹中涼乃、石橋祐、芳岡謙二、希楽星、CASTY、パリマス、俳協、ギュラキッズ、ボランティアエキストラのみなさん、
  • 脚本 森下直
  • プロデューサー (チーフプロデューサー:堀口良則)(プロデューサー:岡本浩一、佐藤善木、小林みつこ)(ラインプロデューサー:近藤あゆみ、平体雄二(クレジット表示なし))(アシスタントプロデューサー:田中雅博、竹村悠)(スチール:林寛)
  • 演出 (監督:落合正幸)(助監督:鎌田敏明、廣田幹夫、川恵実)(記録:宮下こずゑ)
  • 原作 福田 和代「怪物」(集英社)
  • 局系列 NNN
  • 制作会社 (制作著作:YTV)
  • 制作協力 テレビマンユニオン
  • 制作 (制作担当:柿本浩樹)(制作主任:小柳智則、蓮見宗一郎)
  • 企画 (宣伝:竹村麻美、尼子大介)(ホームページ:服部塁)
  • 音楽 沢田完、(音楽プロデューサー:友野久夫)(音響効果:森山顕仁)(MA:中村巌)
  • 撮影技術 岡田博文、(音声:寺内大太)(編集:深沢佳文)(照明:市川徳充)(ライン編集:瀬戸山真也)(VE:佐藤隆彦)(技術デスク:吉野誠)(CG:大石洋平)(技術協力:日テレ・テクニカル・リソーシズ、バル・エンタープライズ、三和プロライト、グリフィス)
  • 美術 泉人士、(小道具:本間千賀子)(衣裳:宮本茉莉、江頭三絵)(メイク(佐藤浩市):山内聖子)(メイク:岩本みちる)

Add

漫画

最近の監督連中ってのは中学校もでてないのか


添付ファイル: filekb04.jpg 2件 [詳細] filekb03.jpg 2件 [詳細] filekb02.jpg [詳細] filekb.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-28 (土) 18:57:17