大東亜企業年鑑/セブン-イレブン

放蕩一代息子

放蕩一代息子(「放蕩」にルビ「ほうとう」が付く) 両替屋の一人息子・徳三郎は札付きの放蕩児で、父・清兵衛は心を鬼にして勘当した。徳三郎は知り合いの棟梁の家に居候しながら奉公に出るが…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】江戸時代の放蕩息子の行状記をコミカルに描くなかで、真の幸福な生き方とは何かを問う。好評により1976/03/21に同枠の第1006回としてアンコール放送された。なお、一部資料では出演として「若駒冒険グループ」と記載されているが実際のクレジット表示では確認できなかった。【役名(演技者)】徳三郎(渥美清)、清兵衛(志村喬)、せつ(倍賞千恵子)、おしん(奈良岡朋子)、大番頭(西村晃)、乞食(沢村いき雄)、棟梁(江戸家猫八)、幇間(悠玄亭玉介)、床屋(奥村公延)、番頭(園田祐久)、医者(斉藤英雄)、乞食(森本健介)、花魁(松井美知子、永井英代)、芸者(向島[小万、小萩、千草、ひな菊]、禿(田中美香、石川弘美)、叔母(森康子)、女中(西条まり、青木勇嗣)、丁稚(大内達也、天野夕紀夫)。

hi.jpg
hi02.jpg
hi03.jpg
  • TBS 日 1973/10/14 21:00-21:55 単発 東芝日曜劇場(第879回)
  • 出演 渥美清、志村喬、倍賞千恵子、奈良岡朋子、西村晃、沢村いき雄、江戸家猫八(3代目)、悠玄亭玉介、奥村公延、園田祐久(園田裕久)、斉藤英雄、森本健介、松井美知子(松井美和子)、向島(小万、小萩千草、ひな菊)、永井英代、田中美香、石川弘美、森康子、西条まり、青木勇嗣(青木勇二)、大内達也、天野夕紀夫、芸プロ、
  • 脚本 山田洋次、髙橋正圀
  • プロデューサー 石井ふく子
  • 演出 宮武昭夫
  • 原作 山田洋次
  • 局系列 JNN
  • 制作会社 (制作著作:TBS)
  • 音楽 小川寬興、(音響効果:伴田六和)
  • 撮影技術 (技術:中島靖人)(映像:白取靖弘)(カラー調整:安藤紘平)(照明:加藤静夫)(音声:鈴木武夫)
  • 美術 (美術デザイン:八木恵一)(美術制作:吉田元昭)(タイトル:篠原栄太)

添付ファイル: filehi03.jpg 4件 [詳細] filehi02.jpg 4件 [詳細] filehi.jpg 3件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-10 (火) 23:13:49