TV

七種粥

松本清張ミステリー時代劇(第二話)七種粥

江戸の織物問屋「大津屋」の主人・庄兵衛(布施博)は、妻に先立たれ、五年前に二十歳年下の千勢(星野真里)を後妻に迎えた。仲睦まじいと評判の二人だったが、一日でも長生きしたいと願う庄兵衛の想いとは裏腹に、千勢は手代の忠助(田中幸太朗)とねんごろに。そして1月7日。千勢は自ら台所に立ち、前日になずな売りから買った七種で七種粥を作るが、七種に毒草のとりかぶとが混ぜられており、庄兵衛は急死。さらに、同じ七種を食べた番頭夫婦も死んでしまう。岡っ引きの文七(川野太郎)は、隣町でも七種による中毒が起きていることを知り、なずな売りを捜し始める。一方、大津屋を継いだ千勢により番頭となった忠助は、妻・お絹(西尾まり)に千勢との仲を疑われていた。そんななか、忠助の元へ人足の丑六(志村東吾)が現れ…。【以上、BSジャパン広報資料より引用】朗読場スタッフ:(朗読場協力:スタジオグーニーズ、POD、フォーチュン)。資料提供:国立国会図書館。撮影協力:EDO WONDERLAND STUDIO。協力会社:山田かつら、日本照明、東宝コスチューム、イマジカ、バックアップ、映広、リアルコーヒーエンタテインメント。協力:北九州市立松本清張記念館、エス・エヌ企画、日本文学振興会松本清張賞事務局。

7k.jpg
  • BSジャパン 火 2015/04/14 21:00-21:54 単発 火曜スペシャル BSジャパン開局15周年特別企画
  • 出演 星野真里、田中幸太朗、川野太郎、布施博、西尾まり、志村東吾、柴田明良、もろいくや、池浪玄八、道脇広行、三輪晴香、西海健二郎、栗原敏、菅原達也、マリカ、岸えりか、円谷優希、野上元気、松浦康太、(水先案内人:佐々木蔵之介)
  • 脚本 森岡利行(監督も)、(時代考証(脚本):安藤優一郎)(朗読場スタッフ:(構成:水野宗徳))
  • プロデューサー 山本和夫(ドラマデザイン社)、瀧川治水(BSジャパン)、(協力プロデューサー:上野境介(キャンター)、五十嵐利臣(日光江戸村)、岡田慎一(日光江戸村))(アシスタントプロデューサー:北田希利子、大塚美女子)(協力アシスタントプロデューサー:酒井明)(スチール:林和弘)
  • 演出 (監督:森岡利行(脚本も))(助監督:永江二朗)(演出助手:名倉良祐、小堆寛稀、朝比奈梨菜)(時代考証(演出):工藤航平(時代考証学会)、野本禎司(時代考証学会))(言語監修:田中宏昌)(資料監修:明木茂夫)
  • 原作 松本清張「七種粥」(講談社文庫「紅刷り江戸噂」所収)
  • 局系列 TXN
  • 制作会社 (製作:ドラマデザイン社、BSジャパン)
  • 制作協力 キャンター、(企画協力:ナック(菊地実))(特別協力:日光江戸村)
  • 制作 (制作進行:二宮崇、井澤昌也)(スタジオアシスタント:佐藤久美子)(ポスプロコーデイネート:豊里泰宏)(ポスプロマネージャー:川島正規)(制作デスク:山下幸恵(BSジャパン))(朗読場スタッフ:(スタジオ:飯島達也))
  • 企画 (編成:栁川美波(BSジャパン))(デスク:元井久美(ドラマデザイン社))(番組宣伝:荒井正和(TX))(ホームページ:猿渡真人(TXCOM))
  • 音楽 佐藤和郎(鎌倉街道)、(音響効果:勝俣まさとし、本田征也)(整音:山本逸美)(整音助手:木村茂文)(音楽協力:テレビ東京ミュージック、鎌倉街道)
  • 主題歌 スターダスト☆レビュー(スターダスト・レビュー)「おぼろづき」(テイチクエンタテインメント)
  • 撮影技術 釘宮慎治、(照明:田辺浩)(録音:宋晋瑞)(編集:和田剛)(撮影助手:因南咲良(印南咲良))(照明助手:小西章永、市川高穂)(録音助手:篠崎有矢)(録音応援:宋晋瑞)(編集助手:平本勇)(VFX:鳥居康剛)(オンライン編集:稲川実希)(朗読場スタッフ:(技術:柳沢栄造))
  • 美術 Mr.E、(美術助手:榎田剛一)(装飾:佐藤孝之、園部ウォーリー陽一郎)(装飾助手:谷中太楼)(持ち道具:柳谷花穂)(床山:菅原努、川田明子)(かつら:濱中尋吉)(メイク:石下谷陽平、田中美希)(衣裳:みのわさやか)(衣裳助手:渋谷聖美)(挿画:安里英晴)(題字:利根川秀佳)(朗読場イラスト:オダナヲコ)(朗読場スタッフ:(CG:大森清一郎)(スタイリスト:勝見宜人(Koa Hole inc.))(ヘアメイク:西岡 達也(vitamins)))

添付ファイル: file7k.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-09 (月) 14:37:21