TV

特急白山6時間06分

西村京太郎トラベルミステリースペシャル 特急白山6時間06分

20周年特別企画 西村京太郎トラベルミステリースペシャル 特急白山6時間06分 殺意の赤いシグナル!上野-金沢-北海道-横浜・殺人列島を謎の女が走る… 早朝の上野駅。スーツに旅行鞄、という出で立ちの男が、同じくスーツ姿の男達に見送られながら、特急『白山』に乗り込む。男は大手商社社員・長田博。スナック『砂時計』のホステス・木元加代子との不倫が発覚し、金沢支店に左遷されてしまったのだ。出発後、なぜか長田は大宮駅で下車、京浜東北線に乗り換えてしまう。さらに長田は浜松町で下車し、とあるマンションへ入っていった…。数時間後、そのマンションの一室で、木元加代子がベッドで背中を刺されて殺されているのが発見された。室内を捜索していた十津川警部、亀井刑事らは、熱烈な内容のラブレターを発見する。差出人は長田博。彼の写真も発見された。のちの司法解剖で、加代子の死亡推定時刻は午前9時から11時ごろであることが分かる。「長田さん」特急『白山』車内。長田の目の前に、サングラス姿の女性が現われる。「どうして…僕の名前を?」女性は長田に紙袋を渡し、去っていく。紙袋の中にはカメラとワープロ書きのメモがあった。そのメモには、「このカメラにはあなたのアリバイの助けとなる写真が写っています…あなたの味方より」云々とある。長田は思わず呆然とするが、気がつくと列車は高岡駅に到着しており、先刻の女性がいつの間にかホームに立っている。「!」次の瞬間、列車は再び走り出した…。十津川らは捜査を開始し、長田の元上司・伊東や『砂時計』のママらに事情を聴くが、長田と加代子の間にはやはり関係があり、長田が加代子を疎ましがっていたという事実が明らかになった。さらに、10時ごろマンションから足早に立ち去るサラリーマン風の男の姿が目撃されている。そして、加代子の部屋に残されていた長田の手紙と写真が、彼が犯人であることをはっきりと物語っている。亀井、西本は金沢まで出向き、長田に事情聴取する。長田は加代子との関係は認めたが、『白山』車中でサングラスの女に渡された写真を2人に見せ、加代子の死亡時刻には『白山』車内にいたことを主張する。その写真の中に、東京から来たという大学生・小谷ゆう子の姿があった。亀井らは彼女に事情聴取するが、彼女は長田に写真を撮られたのは事実で、場所は小諸の近くだった、と証言する。『白山』が小諸に到着するのは、午前10時41分。証言が事実なら、長田が加代子の死亡時刻に殺人を犯すことは不可能だ。捜査は振出しに戻る。金沢・長田の部屋。電話が鳴る。「もしもし」「…何だか怯えているみたいね」「!?」「恩人の声をもうお忘れになったの?」声の主は、『白山』で会った、あのサングラスの女だった…。【以上、東映広報資料より引用】【データ協力:たかし】

hsn.jpg
 
hsn02.jpg
  • ANB 土 1997/08/02 21:00-23:21 単発 土曜ワイド劇場
  • 出演 愛川欽也、三橋達也、森本レオ、秋本奈緒美、橋爪淳、黒谷友香、北村総一朗、山村紅葉、菊池隆則(菊地隆則)、嶋田久作(島田久作)、山下容莉枝、藤田宗久、茂賢治、あらいみえこ、神保悟志、永田耕一、森朝子、寺瀬めぐみ、松風雅也、唐沢民賢、田中優樹、古川悦史、千島楊子、礒春陽、山本理恵(子役)、三十右十三、小野寺弘之、賀川黒之助、内田修司、鈴木伸幸、坂本直季、日比谷雷太、中込佐知子、桝田徳寿、東夫佐子、西村美登里、坂大二郎、前原実、千田義正、大村享、芦原由幸、福本浩己、染川達也、平野美帆、岡本理沙
  • 脚本 篠崎好
  • プロデューサー 大久保忠幸(東映)、池ノ上雄一(東映)、高戸晨一(ANB)、松本基弘(ANB)
  • 演出 (監督:松島稔)(助監督:吉本潤)
  • 原作 西村京太郎「特急『白山』6時間02分」より
  • 局系列 ANN
  • 制作会社 東映、ANB
  • 制作 (制作担当:桐山勝)(制作デスク:山本康郎)(進行主任:塚本貞重)
  • 音楽 甲斐正人、(音楽協力・テレビ朝日ミュージック)(選曲・石川孝)
  • 主題歌 (エンディングテーマ・松田 聖子「あなたのその胸に」)
  • 撮影技術 中川健一、(技術協力・オーエイギャザリング)

添付ファイル: filehsn02.jpg 4件 [詳細] filehsn.jpg 5件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-26 (水) 20:36:05