TV

西村京太郎トラベルミステリースペシャル 特急ゆふいんの森殺人事件

西村京太郎トラベルミステリー(28)スペシャル 東京-熊本-鹿児島 特急ゆふいんの森殺人事件 九州を迷走する愛憎の罠 撮影協力:鹿児島・指宿温泉 白水館、熊本 天草国際ホテル、熊本 ニュースカイホテル、熊本・内牧温泉 ホテル角萬、熊本県観光協会、阿蘇ファームランド、天草四郎メモリアルホール、天草パールセンター、本渡市商工観光課、さつまあげ 有村屋、天草四郎メモリアルホール、九州産交観光、日本エアシステム、九州旅客鉄道。【データ協力:たかし】

yf.jpg
 
yf03.jpg
 
yf04.jpg
 
yf02.jpg
  • ANB 土 1995/10/07 21:02-23:21 単発 土曜ワイド劇場
  • 出演 愛川欽也、高島忠夫、森本レオ、山崎美貴、根本りつ子(根本律子)、松村雄基、荻島真一(荻島眞一)、井川晃一、山村紅葉、新井康弘、川辺久造、千田孝康、横尾香代子、松本明代、茂賢治、礒春陽、斉藤絵里、高岡成兆、森朝子、岩城茉里、要田禎子、海一生、相馬剛三、奈良坂篤、遠山孝文、高田吉範、前原実、徳丸りえ、深水千草、西村 知幸、橘  路子、千田 義正、東映アカデミー、
  • 脚本 猪又憲吾
  • プロデューサー 大久保忠幸(東映)、池ノ上雄一(東映)、高戸 晨一(ANB)、(スチール:金子 哲也(文化工房))(広報担当:斉藤みどり(ANB))
  • 演出 (監督:野村  孝)(助監督:石毛 好夫)(スクリプター:菅  正子)
  • 原作 西村京太郎「特急ゆふいんの森殺人事件」(実業之日本社刊)
  • 局系列 ANN
  • 制作会社 (制作:東映、ANB)
  • 制作 (制作担当:桐山  勝)(進行主任:杉村 和紀)(制作デスク:寺崎 英世)
  • 音楽 甲斐 正人、(選曲:石川  孝)(音響効果:大泉音映)(MA:映広)
  • 撮影技術 中川 健一、(技術:オーエイ・ギャザリング)(照明:大久保武志)(録音:米山 秀明)(VE:小田切 徹)(編集:平澤 政吾)
  • 美術 國府田俊男、(装置:紀和美建)(装飾:大晃商会)(衣裳:東京衣裳新社)(美粧:大徳 輝子(奥松かつら))

Add

十津川省三 演 - 三橋達也(第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、高橋英樹(第34作 - ) 第5作では天知茂が、第28作では高島忠夫が三橋の代役で出演した。 警視庁捜査一課・十津川班班長。警部。亀井刑事とはかなりの信頼関係ができており、捜査で地方に飛ぶ場合などは行動をともにすることが多い。また、鉄道が絡む事件に関しては「実際にその列車に乗車してみよう」と提案するなどかなりの行動派。不当な権力に対しても決して屈せず、むしろ緻密にかわす強かさも備えている。 部下に対しては非常に懐が深く、不当な理由で部下が危機に陥った場合は徹底して庇う一方で無実を証明するために奔走する、部下の身内が容疑者として疑われたり部下が容疑者の容疑事実を承服できなかったりする際には気の済むまで休暇取得による私的捜査を許す(ただし警視庁としての後押しはできないという条件付きで)など、優しさと厳しさを兼ね備えた上司である。 普段は温厚だが自分勝手な犯人に対しては激高することもあり、亀井刑事になだめられる場面もある。 なお、三橋時代と高橋時代で、それぞれ原作と大学時代のサークル活動が違う(原作はヨット部)。


添付ファイル: fileyf04.jpg [詳細] fileyf03.jpg [詳細] fileyf02.jpg [詳細] fileyf.jpg [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-16 (日) 08:44:57