TV

警視庁特命刑事☆二人

tm03.jpg

佐々木譲サスペンス 警視庁特命刑事☆二人~代官山コールドケース~(新聞ラテ欄表記…佐々木譲サスペンス 警視庁特命刑事・二人 代官山コールドケース「孤高の刑事と鉄の女 20年前の未解決事件を追え!消えたフィルムと繊細な毛の謎?遺留DNAが示す過ち!?」) 警視庁捜査一課の刑事として活躍していた水戸部裕(松重豊)は、ある事件で指揮系統を乱したことを理由に所轄署へ異動。デスクワークをこなす日々を送っていた。ある日、水戸部は警視庁捜査一課長の山岸亘(宅麻伸)に呼び出される。捜査一課で性犯罪を担当し厳しい取調べゆえ“鉄の女”と呼ばれる朝香千津子(山本未來)と組んで、極秘で捜査して欲しい事件があるという。それは20年前、カフェ店員をしていた中牧みちる(小野しおり)が代官山の自宅アパートで扼殺された未解決事件(コールドケース)だった。当時、現場に残された3種類のDNAから、少なくとも3人の男性がアパートに出入りしていたことが判明し、容疑者として恋人で駆け出しのカメラマン・風見陽平(水間ロン)が浮上。しかし、逮捕寸前、風見は多摩川で水死体となって発見され、体内からは大量のアルコールが検出された。風見は自殺と断定され、被疑者死亡で捜査は終わっていた。ところが三日前、横浜で発生した看護師・炭谷真紀(伊藤しほ乃)殺害事件の現場で採取されたDNAが、代官山の事件のDNAの1つと一致したという。もし横浜の殺人と20年前の代官山の事件が同一犯の犯行で、風見が犯人ではないとしたら、大スキャンダルになる…。山岸は神奈川県警より先に、しかも秘密裡に真相を究明したいと考えていた。神奈川県警の捜査本部の指揮をとるのは刑事部長・森末哲平(益岡徹)。それを聞いた水戸部は顔をこわばらせる。かつて、人質たてこもり事件で森末の指示により水戸部らが突入した結果、水戸部の同僚が銃で撃たれ殉職していたのだ。200人にのぼる神奈川県警の捜査本部も2つの事件を調べ始める中、水戸部と朝香は、みちるのアパートを管理していた不動産会社・倉橋エステート社長の倉橋篤志(阿南健治)から話を聞くことに。みちるの遺体の第一発見者は倉橋エステートの社員・三ツ谷優(稲荷卓央)だったのだ。三ツ谷は事件直後に独立したが会社は潰れ、現在は消息不明だと倉橋は語る。二人はみちるが働いていた代官山のカフェで、オーナーの篠原大輔(渋川清彦)、常連客の木島俊夫(加藤久雅)からも話を聞き、少しだけ人間関係が見えて来る。そんな中、20年前に代官山の事件を担当していたという警視庁庶務係の時田悟(モト冬樹)が現れる。そして、水戸部に当時集めた情報が書いてあるというノートを差し出す。さらに風見の部屋の押収品を調べていた科捜研の中島翔太(皆川猿時)は、風見の部屋にあるはずのものがないことに気付く…。【以上、テレビ東京広報資料より引用】BS放送では、BSジャパンにて「BSミステリー」枠(2016/09/18、日曜19:00~20:54)にて初放送。撮影協力:日本貨物検数協会東京支部、毎日ビルディング、法科学鑑定研究所、アーキテクトファイブ、代官山町会、川崎市、かわさきムーブアート応援隊、川崎競輪場、横浜マリンタワー。協力:ビデオフォーカス、BEENS。車輌:アーバンロケサービス、ウエルムーブ、グルービー・カーマーケット。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】

 
tm02.jpg
 
tm.jpg
  • TX 水 2015/12/23 21:00-22:48 単発 水曜ミステリー9
  • 出演 松重豊、山本未來(山本未来)、宅麻伸、沢田亜矢子、益岡徹、モト冬樹(定年間際の刑事役)、堤大二郎、皆川猿時、千葉哲也、渋川清彦、稲荷卓央、阿南健治、加藤久雅、渡辺航、山中聡、森下能幸、水間ロン、小野しおり、気田睦、別紙慶一、若尾義昭、影山英俊、草薙仁、中田大翔、釆沢真実、近藤心太、伊藤しほ乃、八洲承子、長谷部浩幸、増田眞澄(増田真澄)、島ゆいか、荒川浩平、安久澤ユノ、藤村玲衣、西本歩未、長田プリン(長田拓郎)、小森和彦、山田圭介、窪祥一、金森規郎、上西雄大(クレジット表示なし)、(アクション:山田 一善)(エキストラ協力:古賀プロダクション、青二塾、明治座アートクリエイト、VIVIT、アンカット、ドリプロ、ビーチウォーカーズ、パリマス、TMコーポレーション、シード)
  • 脚本 安井国穂
  • プロデューサー (チーフプロデューサー:橋本かおり(TX))(プロデューサー:山津俊一、諏佐正明、渡辺一仁(TX))(スチール:栗林伸幸)
  • 演出 (監督:渡邊孝好)(演出補:斉藤博士、土肥拓郎、井手博基)(警察-監修:バウスプリット)(記録:長坂由起子)
  • 原作 佐々木譲「代官山コールドケース」(文藝春秋刊)
  • 局系列 TXN
  • 制作会社 (製作:泉放送制作、TX、BSジャパン)
  • 制作協力 今井勉(オフィスBen)、テレサイト、(企画協力:文藝春秋)
  • 制作 (制作担当:近藤博)(制作主任:柳澤真)(制作進行:岡崎健生)(演技事務:落合俊一)
  • 企画 (番組宣伝:外池由美(TX))
  • 音楽 (オープニング音楽:濱田貴司)(選曲:原田慎也)(効果:有木岳人)(MA:河野弘貴)(音楽協力:テレビ朝日ミュージック)
  • 主題歌 (エンディング曲:城南海「月と月」(作詞・作曲:城南海)(ポニーキャニオン))
  • 撮影技術 安田圭(j.e.c)、(照明:田中岳)(録音:二瓶尚穂)(VE:中塚政明)(編集:森崎好)(EED:和田多加)
  • 美術 (美術プロデューサー:津留啓亮)(持道具:竹内裕子)(装飾:佐々木健一、平田俊昭)(衣裳:高田彰久)(ヘアーメイク:貴島タカヤ)(スタイリスト:金順華(山本未來担当))(操演:関山和昭)(写真協力:渋谷区役所、バービー・山口、佐藤豊、中島眞理、H・P写真が語る沿線)

Add

警視庁特命刑事☆二人(2)~新宿・荒木町コールドケース~ 警視庁特命課・水戸部(松重豊)と千津子(山本未來)は20年前に起きた殺人事件の再捜査を命じられる。当時、殺された光子(国生さゆり)所有のアパートを巡るトラブルが疑われたが未解決のまま。刑事部長・森末(益岡徹)曰く、光子の死後にアパートを買い上げ世間に叩かれた政治家の父親の汚点を払拭したいと息子の邦彦(伊東孝明)から依頼があったという。そんな名誉のために始まった“形だけ”の再捜査が辿り着いた真実とは…。【以上、テレビ東京広報資料より引用】 TX 放送曜日 水 放送期間 2017/01/25~2017/01/25 21:00-22:48 放送回数 1 回 連続/単発 単発 水曜ミステリー9 主な出演 松重  豊、山本 未來、宅麻  伸、柄本  明、益岡  徹、皆川 猿時、国生さゆり、眞島 秀和、高橋かおり、伊東 孝明、ビートきよし、大西 武志、上杉 祥三、永池南津子、寿大  聡、村上 かず、水澤 伶香、未来也、 主な脚本 安井 国穂 主な演出 (監督:渡邊 孝好) 原作 佐々木 譲「地層捜査」(文藝春秋刊) 局系列 TXN 主題歌 (エンディング曲:平原 綾香「マスカット」(作詞・作曲:玉置 浩二)(EMI Records/ユニバーサルミュージック))


添付ファイル: filetm03.jpg [詳細] filetm02.jpg [詳細] filetm.jpg [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-27 (金) 17:36:04