TV/鉄道警察官

鉄道警察官・走る捜査線

tsn.jpg
 

鉄道警察官・走る捜査線 交錯する鉄道トリック…新幹線より早い路線とは?悪に挑む鉄道警察官の意地!!(鉄道警察官・清村公三郎(1)、鉄道警察官 走る捜査線(1)) 東京行きの東北新幹線車内で、長崎美術財団理事・長崎純子(筒井真理子)がスリに財布を奪われた。鉄道警察隊巡査部長・清村公三郎(小林稔侍)がホームに緊急配備を敷いて犯人を追ったが、大宮駅の雑踏で見失ってしまう。「財布には大切なものが入っていた」と青ざめる純子。後ほど被害届を出すと言って、純子は東京駅内のホテルに向かった。しかし夕方、清村がホテルを訪ねると、純子は部屋で絞殺されていた。純子は5年前に死去した画家・長崎龍一郎の未亡人だった。しかし推定20億円にのぼる遺産の殆どは、長崎記念財団が管理していたという。本庁捜査一課管理官・藤岡一成(浜田晃)らは、財団からも事情を聴取する。しかし代議士として外遊中だった理事長・青山保(村田雄浩)をはじめ、財団関係者にはアリバイがあった。また、純子の所持品からはスナップ写真が見つかる。背景に磐越西線・喜多方~山都の「一の戸鉄橋」が写っていることを、ローカル線を愛する清村は見破った。そして被写体の少女は、制服から喜多方女子高校の生徒と判明。丸の内中央署刑事・秋山和人(中村俊太)と清村は、さっそく喜多方駅に向かった。写真の少女は高木由香(末永遥)、絵が好きな良い子だったという。しかし1月前から急に不登校が始まり、繁華街で補導もされたらしい。清村らは「高木絵画教室」を開く父・陽吉(森本レオ)を訪ねた。しかし陽吉は捜査に応じず、被害者・純子と知合いではないと言い張る。由香は派手な格好で、暴走族の溜まり場にいた。陽吉が連れて帰ろうとしても、由香は言うことを聞かない。神原孝一が薄笑いを浮かべながら「殺された純子の二の舞になっても知らない」と、陽吉を脅している。そこに丸の内中央署捜査係長・染谷京助(山田辰夫)らが訪れた。染谷は神原に、喜多方西署への出頭を要請する。神原は、殺害された長崎純子の兄だった。多額の借金を負う神原には、純子を遺産目的で殺害する動機があった。しかし神原は犯行を否認し、事件当日は佐藤美鈴とSL旅行をしていたと言う。神原のアリバイは、全席指定「SLばんえつ物語号」に乗車して、新津10:01発~日出谷11:29着、同駅で予約していた駅弁「鳥めし」を購入し、日出谷11:32発~会津若松13:23着、同14:03発~郡山15:10着、そして郡山にあるホテルの宴会で夜9時まで過ごしたというもの。清村が純子の死体を発見した時刻が16:30なので、東京での犯行は不可能に思われる。美しい路線を走る鉄道が、殺人のアリバイ道具であって欲しくないという思いの清村。鉄壁にみえる神原のアリバイを、清村は果たして崩すことができるのか?! そして純子が所持していた写真と「大切なもの」の謎は解けるのか。そんな中、第2の殺人事件が…。【以上、テレビ東京広報資料より引用】地上波では、TX系にて2005/09/28、「水曜ミステリー9」枠(水曜21:00~22:48)にて初放送。車両:フェネック。撮影協力:会津若松フィルムコミッション、櫻井レッカー、にいがたロケネット、彩の国フィルムコミッション、佐渡汽船、庄助の宿 瀧の湯、東山グランドホテル、万代シルバーホテル、ホテルニューパレス、坂内食堂、スキップシティ、東日本旅客鉄道。【出典:ドラマ本体クレジット表示(採録:古崎康成、データ協力:たかし)】

tsn02.jpg
 
tsn03.jpg
 
tsn04.jpg
 
tsn05.jpg
  • BSジャパン 日 2005/09/25 21:00-22:48 単発 BSミステリー
  • 出演 小林稔侍、森本レオ、村田雄浩、丘みつ子、根岸季衣、筒井真理子、中村俊太、草見潤平、末永遥、山田辰夫、小沢象、光石研、真瀬樹里、浜田晃、小林千晴、直林真里奈、青葉かおり、まさきゆか、舟木幸、井上博一、長岡忍、小川よりこ、伊藤こうこ、磯秀明、趙珉和、豊田紀雄、杉本瞳、広瀬剛進、島田聡子、本間郁子、佐藤正志、トライアルプロダクション、NEWSエンターテインメント、現代制作舎、エレメンツ、杜の会、福島県会津若松市のみなさま、(技斗:深作覚(日俳連アクション部会))
  • 高木陽吉(画塾「高木絵画教室」の先生) - 森本レオ
  • 秋山和人(丸の内中央警察署 刑事) - 中村俊太
  • 神原孝一(純子の兄) - 草見潤平
  • 高木由香(陽吉の娘・喜多方女子高等学校 生徒) - 末永遥
  • 染谷京助(丸の内中央警察署 捜査係長) - 山田辰夫
  • 長谷部知治 - 小沢象
  • 石田修二(画伯・長崎の弟子) - 光石研
  • 佐藤美鈴(神原の内縁の妻) - 直林真里奈
  • 長崎純子(5年前に死去した画家の長崎龍一郎の未亡人・長崎美術財団 理事) - 筒井真理子
  • 青山保(代議士・長崎記念財団 理事長) - 村田雄浩
 
tsn06.jpg
 
tsn07.jpg
  • 脚本 吉田剛、(脚本協力:松井信幸)
  • プロデューサー (チーフプロデューサー:小川治(TX))(プロデューサー:小池修一、中川順平(TX))(プロデューサー補:阿部真士)(スチール:むらやまあつひと)
  • 演出 (監督:猪崎宣昭)(助監督:小波津靖)(スクリプター:小島秀子)
  • 原作 (原案:島田一男「鉄道警察隊 走る捜査線」)
  • 局系列 TXN
  • 制作会社 (製作:IMAGICAディーシー21、TX、BSジャパン)
  • 制作 (制作担当:仲野俊隆)
  • 企画 (番組宣伝:宮岡貞成(TX))
  • 音楽 JETT.A、(オープニング音楽:川崎真弘)(音楽プロデュース:荒川和彦)(効果:橋本正二)(MA:石北秀尚)(音楽協力:テレビ東京ミュージック)
  • 主題歌 (エンディングテーマ:華原朋美「涙の続き」(作詞:秋元康、作曲:KANG HYUN MIN、編曲:鈴木健治)(ユニバーサルミュージック))
  • 撮影技術 飯沼栄治、(照明:吉村光巧(正しくは「吉」の「士」は「土」))(VE:中塚政明)(録音:甲斐匡)(編集:宮崎清春)(EED:白水孝幸)(技術デスク:森一也)(CG:酒寄博光)(技術協力:ビデオフォーカス)
  • 美術 大光寺康、(装飾:熊谷昇悟)(小道具:奥利暁)(衣裳:野村明子)(ヘアメイク:坂本美由紀)(スタイリスト:高橋匡子)(絵画:森吉健)(オープニングCG:堀内肇、浅田弥彦)

Add

会津若松から磐越西線で新潟に入るとき---結局、上野まで戻り上越新幹線に乗るのが一番早かった・・・


添付ファイル: filetsn07.jpg [詳細] filetsn06.jpg [詳細] filetsn05.jpg 1件 [詳細] filetsn04.jpg [詳細] filetsn03.jpg [詳細] filetsn02.jpg 3件 [詳細] filetsn.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-27 (金) 17:10:56