TV

黒い樹海

黒い樹海 両親を早くに亡くした笠原祥子(北川景子)は、たったひとりの姉・信子(小池栄子)と都内のマンションで2人暮らし。仕事を探しながら、新聞社に勤務する信子を信頼し、寄り添うように生きてきた。その日も東北旅行に出発する信子と別れ、祥子は何社目かの面接に出かけた。それはいつもと変わらぬ、仲のよい姉妹の光景のはずだった。ところがその夜、信子が事故で亡くなったという知らせが入る。しかも、どういうわけか、祥子に告げていた旅先とは異なる場所で、命を落としてしまったのだ…。悲しみにくれる祥子の前に現れたのは、信子の同僚記者・吉井亮一(向井理)。何を考えているのか、信子の死の謎について祥子と共に調査に乗り出す吉井。その一方で、祥子は姉の後釜として新聞社の文化部で働きだし、生前、姉が担当していた文化人たちに会いに行く。彼らは皆、華やかな表の顔からは想像もつかないほどクセのある人物で、中でも小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)はセレブ界きっての遊び人らしく、何度も祥子に誘いをかけてくる始末だった。ところが直後、姉の同僚だった町田知枝(酒井若菜)が自殺。知枝は信子の死について「責任をとるべき人がいる」「有名人ならなおさらよ」と謎めいた言葉を祥子に残していた。姉の死に、信子が生前つき合っていた著名人の誰かが関わっていることを直感した祥子。だが、真相を知ろうとすればするほど、渦中の人物が次々と殺害されていく事態が発生! 祥子は図らずも “黒い樹海”のような深い闇に吸い込まれていく…。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】協力:エス・エヌ企画、北九州市立松本清張記念館、日本文学振興会松本清張賞事務局。撮影協力:長野県大町市、長野県大町市産業観光部観光課、国土交通省北陸地方整備局大町ダム管理所、東京電力高瀬川総合制御所、東日本旅客鉄道、ジェイアール東日本企画、アルピコ交通、くろよんロイヤルホテル、立山プリンスホテル、ホテル夢の湯、相模組、大町石産、ツカサ工業、伊藤自動車硝子大町営業所、高橋商店、小林土建、塩の道ちょうじゃ、公益財団法人大町エネルギー博物館、北安中部漁業協同組合、タカラ食堂、心笑館、所沢市役所、リビエラダイニング グランブルー青山、東京国立博物館、藤が丘ハイツ、日野映像支援隊、平山季重神社、藤野倶楽部、さがみはらフィルムコミッション、品川シーズンテラス、国立市役所。協力:テイクシステムズ、ブル、テレテック、テレビ朝日クリエイト、テレフィット、舞クリエイション、CPルーム、MARVEE、CONTEMPORARY CORPORATION、ヴェントゥオノ、ストロングワーク、トーフナ映像、NKL、WGK、スーパードライバーズ、さがみエンヂニアリング、シナリオプリント、芸優、テアトルアカデミー。

kri.jpg
  • EX 日 2016/03/13 21:00-23:10 単発 松本清張二夜連続ドラマスペシャル
  • 出演 北川景子、向井理、沢村一樹、麻生祐未、小池栄子、鈴木浩介、室井滋、尾美としのり、古田新太、酒井若菜、江口のりこ、山本未來(山本未来)、六平直政、堀田茜、宮地雅子、桜井 聖、えもりえりこ、和田紗也加、真家有里奈、大熊英司(テレビ朝日アナウンサー)、吉岡千波、高野友愛、田口主将、森田甘路、寺本愛美、Steven S.、植木祥平、太田恭輔、町井祥真、浜田道彦、北ほのか、光平崇弘、松村千絵、田中美帆、星川祐樹、鳥木元博、中澤梨乃、森永竜矢、(擬闘:栗原直樹)(生け花指導:いけばな龍生派)(バンド演奏:響芸)
  • 脚本 寺田敏雄
  • プロデューサー(チーフプロデューサー:五十嵐文郎(EX))(ゼネラルプロデューサー:内山聖子(EX))(プロデューサー:中沢晋(オフィスクレッシェンド)、中川慎子(EX))(プロデューサー補:西原宗実、納戸正明)(スチール:板倉淳夫)
  • 演出 常廣 丈太(EX)、(助監督:中前勇児)(法律監修:河西邦剛(レイ法律事務所 弁護士))(記録:初山澄乃)
  • 原作 松本清張「黒い樹海」(講談社文庫刊)
  • 局系列 ANN
  • 制作会社 (制作著作:EX)
  • 制作協力 オフィスクレッシェンド
  • 制作 (制作担当:中井光夫)
  • 企画 (企画協力:ナック、菊地実)(編成:池田邦晃、高橋陣)(宣伝:残間理央)(コンテンツビジネス:海野友理香)(ホームページ:テレビ朝日メディアプレックス)
  • 音楽 井筒昭雄、(音楽プロデュース:志田博英)(効果:松井謙典)(MA:斎藤真央)(音楽協力:テレビ朝日ミュージック)
  • 撮影技術 増井初明、(照明:高橋幸司)(映像:服部正邦)(音声:小泉一真)(編集:田辺智久)(ライン編集:森田淳)(TM:太田憲治)(ドローンカメラ:横山一隆)(ドローンパイロット:岩田和也)(VFX:戸枝誠憲、後藤洋二)(技術デスク:栗林克夫)(照明デスク:小此木良亮)
  • 美術 (デザイン:北谷岳之)(美術プロデューサー:根古屋史彦)(美術進行:丸山信太郎)(装飾:東克典)(大道具:伊藤浩樹)(デザイン助手:吉岡理人)(装飾助手:金子大吾)(スタイリスト:西ゆり子、井嶋和)(衣裳:谷村未来)(メイク:富田晶)(持道具:梅沢有紀)

Another

黒い樹海 NHK 木金 22:15-22:45 1962/10/04 ~ 1962/10/05 原作 松本清張 脚本 (脚色:若杉光夫) 出演 堀井永子、川口敦子、浦野光、金子信雄、小山源喜 解説 新聞社の文化部に勤めるオールドミスの姉、信子(川口敦子)が、浜松で交通事故のため死んだ。その前日、妹の祥子(堀井永子)には仙台に旅…

黒い樹海 ANB 土 21:02-23:21 1986/01/04 演出 池広一夫 原作 松本清張 脚本 吉田剛 音楽 小六禮次郎 出演 中井貴恵、山本學(山本学)、金沢碧、篠田三郎、木内みどり、峰岸徹、高橋昌也、中島ゆたか、黛ジュン 解説 北海道へ仕事に行ったはずの姉が京都で事故死した。死の真相を探ろうとする妹に危険が迫る。

黒い樹海 ANB 土 21:00-22:51 1997/11/29 演出 (監督・野村孝)(助監督・寺山彰男)(スクリプター・奥平治美) プロデューサ 小坂 一雄(レオナ)、高橋浩太郎(ANB)、塙淳一(ANB)、林 … 原作 松本清張(講談社文庫刊) 脚本 橋本綾 音楽 岩間南平、(音楽協力・テレビ朝日ミュージック)(選曲・山川繁)(効果・脇坂孝行)(整音・山本逸美) 主題歌 (エンディングテーマ・松田聖子「あなたのその胸に」(作詞・松田聖子… 出演 水野真紀、鶴見辰吾、神田正輝、火野正平、余貴美子、石丸謙二郎… 解説 雑誌社勤務の祥子(水野真紀)は、同じ会社の編集長で姉の信子(余貴美子)と二人暮らし。信子は仕事の合間を縫い、九州に一人で旅行に出か…

黒い樹海 CX 金 21:00-22:52 2005/10/21 演出 平井秀樹、(演出補:根本和政)(殺陣:剱持誠)(記録:松元景) 企画 (企画協力:ナック、菊地実)(編成:種田義彦) プロデューサ (プロデュース・現王園佳正)(プロデュース補:榊原妙子)(写真:得本公一)(広報:田中奈美) 原作 松本清張「黒い樹海」(講談社文庫) 脚本 水橋文美江 音楽 (選曲:藤村義孝)(音響効果:泉清二)(MA:古跡奈歩) 出演 菊川怜、豊原功補、段田安則、羽場裕一、藤谷美紀(友情出演)、団時朗、佐藤仁美、小松拓也、伊藤正之、杉山彩子、小原雅人、三井善忠、山口河童、斉藤千佐子、唐木ちえみ、平尾良樹、石川雄也、中沢純子、今泉野乃香、星野悠月、福月里代、西尾浩行、飯塚恵美子、永富弘一、坂本三成、齋藤一(斎藤一)、小林正史、久高千亜、高橋 則彦、国保裕子、YURIFA、芸優、フォワード、プロジェクト・ケイ、フェザーインター、劇団東俳、フジテレビクラブ会員の皆様、(看護指導:原田友子)

kri10.jpg

解説 仙台へ旅立ったはずの姉が、山梨のバス事故で死んだ。妹は不可解な死の謎を解くべく立ち上がった。そして、死が死を呼ぶ「黒い樹海」の先には、驚くべき事実が隠されていた。妹の姉を思う愛情が、ついに真実の扉を開く…。その朝、笠原祥子(菊川怜)は、同居する姉の信子(藤谷美紀)と軽い口論をした。突然取れた休暇を使って気ままな一人旅に出るという信子が、祥子のお気に入りのネックレスをしていくというのを必死に奪い返したのだ。しかしそのネックレスはお気に入りというには、ほとんど身につけることのなかった一品で、取り返したのは、むしろ常日頃から何につけ自分より優れていて、自分をしかる姉へのささやかな反抗であったのだ。結局信子はネックレスをあきらめ、東北を旅すると言い残しマンションを出ていった。それは少し後味の悪い別れ方で、祥子は少し気にかかりはしたが、いつもの姉妹げんかと軽く考え、気ままな一人暮らしを楽しむ。だが…祥子が姉を見たのはこの日が最後となってしまった。数日後、山梨県富士嶺警察署から信子がバス事故で死亡したとの連絡が入る。祥子は信じられない。なぜ?姉は東北に行くと言い出掛けたはずではないか。まさか姉であるあるはずがない。だが山梨の病院で対面した女性はまぎれも無く、変わり果てた姿の信子であり、柿坂哲夫(三井善忠)という刑事から渡された社員証は、日永出版で雑誌編集者として働いていた信子のものだった。祥子は突然起きた悲しい現実をただ受け入れるしかなく、唯一の肉親を失った悲しみに泣き崩れた。しかし、この後甲信交通の担当者から事故の状況を聞かされた祥子は、何かひっかかるものを感じはじめる。信子は、追突され衝撃の激しかった後部座席に座っていて命を落としたという。そして最初は身元を証明するものがなく身内への報告も遅れたが、その後社員証を届けてくれた人がいたお陰で身元が判明したという。だが社員証が入っていたはずのショルダーバックは発見されず、大きな旅行かばんはほとんど損傷もなく祥子のもとに戻ってきたのだ。なぜ…?どうして?そして考え抜いた末に祥子が導き出した答えは、「実は姉は一人でなく、誰かと一緒だった。そして、その相手が何らかの理由で座席を変わった姉のかばんを持っていたのではないか?」妹に嘘までついて出かけた山梨への旅。祥子は同行した人物が自分にも知られたくなかった人であると判断し、それが誰であるのか、瀕死の姉を置き去りにした者が何者なのかを突き止める決意をする。【以上、フジテレビ広報資料より引用】協力:北九州市立松本清張記念館、エス・エヌ企画、日本文学振興会松本清張賞事務局、バスク、ファン、エルエー・カンパニー、タカハシレーシング。撮影協力:富士スピードウェイ、富士の国やまなしフィルム・コミッション、富士急行、虎ノ門 パストラル、東京都交通局、品川インターシティ、京急蒲田柳通り睦会、ホテルイースト21東京、バネバグース渋谷店、銀座クラブセイレーン、第一興商。

Add

北川景子版、ドタバタコメディになってる


添付ファイル: filekri10.jpg 7件 [詳細] filekri.jpg 8件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-23 (木) 13:21:44