ANA/斎藤真美

ag.jpg
 

アイガモ農法

ai.jpg
  • 19/09/07(土)06:52:04 No.139721 アイガモを使ってコメ作りをしている農家のもとからアイガモ20羽が忽然(こつぜん)と姿を消しました。一体、何があったのでしょうか。
    • アイガモ農法でコメ作りをしている河島努さんには、ある悩みがありました。それは、肝心のアイガモが日を追うごとに居なくなってしまうのです。道路にはくっきりと足の形が残されていました。アイガモ農法とは有機農法の1つ。アイガモが雑草や害虫を駆除してくれるため、農薬をほとんど使わずにコメ作りができるのです。河島さんがカモ26羽を購入したのは田植え直後の6月でした。ところが、7月に4羽、8月は13日に8羽、15日にも8羽いなくなって現在、わずか6羽となってしまったのです。
    • 田んぼの周りを電流が流れているワイヤで囲っていますが、効果はないといいます。5年前にアイガモ農法を始めたという河島さん。これまで延べ100羽近くが姿を消し、その都度、人の足跡も残されていました。アイガモは一体、どこへ行ってしまったのでしょうか…。河島さんは警察に被害届を提出。防犯カメラの設置を考えているということです。


添付ファイル: fileag.jpg 6件 [詳細] fileai.jpg 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 07:35:31