YUMA実験農場

鳥インフル

02.jpg

2020/02/02(日) 中国 湖南省 ニワトリが「H5N1型」鳥インフルエンザに感染

❌ 【陽性】国立環境研究所(茨城県つくば市小野川16番地2)2020/01/02→ 【陰性】農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市観音台三丁目1番地1)2019/12/26

2019/12/19 新潟県、死骸回収

鳥インフルエンザに感染していなかった

2020/01/02 20:00 環境省 死骸が見つかった場所半径10キロ圏野鳥監視重点区域 指定解除

01.jpg

2020/01/03 FNN

去年12月、阿賀野市で見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受け、国の機関が確定検査を行った結果、陰性だったことがわかりました。

去年12月19日、阿賀野市で野生のヒドリガモ1羽の死骸が見つかり、国の機関が鳥インフルエンザウイルスの遺伝子検査を行ったところ陽性反応が出ました。

これを受け最終的な判断をするために別の機関が確定検査を行った結果が2日に判明。

県や環境省によりますと、ヒドリガモからA型鳥インフルエンザウイルスは検出されず陰性だったということです。

2019/12/27 新潟県 阿賀野市で見つかった野生のヒドリガモ1羽の死骸を遺伝子検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応

2017/01 阿賀野市で回収されたオオハクチョウから、高病原性鳥インフルエンザウイルス検出


添付ファイル: file02.jpg 2件 [詳細] file01.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-02 (日) 12:33:11